混合肌になりやすい方や正しいスキンケア方法

MENU

混合肌になりやすい方や正しいスキンケア方法

混合肌になりやすいのは、元々脂性でエイジングサインとかで、ほほ周りの毛穴がたるみ出してしまって、口の周りや顎、頬など、もともと鼻のてっぺんよりも皮脂の分泌量が多くないところが乾燥してしまっているとなりやすいそうです。他の肌質よりもコントロールがしにくいのが大きなポイントす。

 

脂性肌でも肌の水分量が少ないかわりに皮脂量が増えたりしますが、ほほの部分は水分量が少なくなっている状態なので、皮脂量が多いか少ないかという違いがありますが、水分量は少ないという共通点があります。

 

水分量を補ってあげると混合肌は改善しやすい?

ですので、水分量が少ない部分を補ってあげると混合肌も改善しやすくなるので、是非セラミドなど脂性の部分でもシンプルに保湿してあげるとよいでしょう。

 

混合肌でも毛穴の開きが気になる部分は毛穴の中にも汚れがたまりやすく保湿成分が浸透しにくい傾向もあるので、汚れを綺麗にとってあげてシンプルに保湿してあげると毛穴も自然と引き締めやすくなり、ある程度肌質の偏りがなくなりやすくなります。

 

肌の水分量を補うためには、水分を補充してもあまり効果が得られないので、美容成分であるセラミドやヒアルロン酸などが配合されている化粧水を使用していきましょう。

 

化粧水のランキングでも混合肌の方が使いやすいようなセラミド、ヒアルロン酸が配合されているのが増えてきていますし、エイジングケア用の化粧品も増えてきているので、後は好みや使用感などで選ぶとよいでしょう。

 

ランキングでは20代の方にはオルビスが人気ですし、30代の方は、富士フイルムのアスタリフトがランキングなどのサイトでは人気となっています。ぜひ混合肌をうまくコントロールする仕方を学んで正しいスキンケアをしていきましょう。


毛穴ケア化粧水ランキング | 混合肌になりやすい方や正しいスキンケア方法



▲混合肌になりやすい方や正しいスキンケア方法 上へ戻る