肌のくすみと古い角質の関係

MENU

肌のくすみと古い角質の関係

肌のくすみが気になることはありませんか?それは肌表面に角質がたまっているからかもしれません。

 

肌のターンオーバーは、28周期でおこなわれ、古い角質ははがれおちていきます。

 

このターンオーバーのリズムが年齢とともに乱れると古い角質が残るためくすみの原因になります。

 

またくすみだけではなく、古い角質によって化粧品の浸透が悪くなります。

 

評判のランキングでも人気の化粧品を使ってもあまり効果が感じられない場合角質が原因かもしれません。

 

確執によって肌がごわごわとかたくなってしまうため、紫外線の影響を受けやすくなります。

 

そのためメラニンの生成が活発になりシミができやすくなり悪循環です。

 

これらを改善するには、角質ケアが効果的です。

 

肌のくすみは、新陳代謝が悪くなっている場合もあり、乾燥肌になっている場合も結構あるようです。

 

乾燥肌の方の場合や敏感肌の方の場合には、まずは洗顔と保湿で代謝を高めるとよいでしょう。そうすることで肌を引き締めることにもつながるので弾力が出やすくなります。

化粧水の前にふき取り化粧水を使用しよう

化粧水の前に、ふき取り化粧水をプラスしコットンでふき取ってみると黒く汚れます。これが古い角質です。

 

この角質ケアを行うことによってそれ以降の化粧水や美容液の浸透がよくなります。

 

お肌に透明感が生まれ肌もやわらかくふっくらとした肌へと変化を感じることができます。

 

古い角質を取ろうと、強いピーリングやスクラブなどを使用し、ごしごしと洗ってしまうと敏感肌の方は特に肌に負担がかかり逆効果になってしまいます。

 

刺激を肌が強く受けると皮脂も保湿以外には肌の保護の役割があるので、皮脂が今までよりも分泌量が増えてしまうかもしれません。

 

皮脂量が増えるということは、たるみ毛穴、開き毛穴に繋がりやすくなります。脂性敏感肌の方は注意してみてくださいね。

 

あくまでも穏やかに角質を取り除くことを心がけましょう。角質ケアは美容液でも行えます。

 

軽いテクスチャーの美容液を肌になじませると角質がはがれやすく、くすみのない肌へ導きます。

 

肌のくすみをケアしながら、紫外線に対して肌が強くなり、シミの予防のためにもさっそく古い角質をキレイに取るケアで透明感のあるお肌を目指しませんか?


毛穴ケア化粧水ランキング | 肌のくすみと古い角質の関係



▲肌のくすみと古い角質の関係 上へ戻る