頭皮の毛穴ケアに最適なクレイシャンプーの特徴

MENU

頭皮の毛穴ケアに最適なクレイシャンプーの特徴

クレイシャンプー

毛穴ケアはスキンケアだけでなく、毛穴自体は全身にあるので、どの場所でも効果的です。特に毛穴が豊富にあるのが、頭皮の部分です。;

 

ですので、スキンケアでも洗顔料で良く配合されているクレイなど泥の成分は、皮脂汚れなども吸着して洗い流してしまえるので、皮脂量が多くなりやすい頭皮にも効果的です。

 

そのためクレイシャンプーは、灰色や黒色をした泥成分が含まれているシャンプーも最近では多くなっていると思います。

 

シャンプーというとどちらかというと白透明色の様なイメージがありますが、今では色々な色合いのシャンプーが多くなっています。

 

クレイが配合されていても他の天然成分が配合されていると色合いも違って見えることも多いです。

 

クレイが配合されているシャンプーの特徴は?

クレイシャンプー

クレイが配合されているシャンプーの特徴は、スキンケア用の洗顔料と同じことが言えます。

 

シャンプーにも界面活性剤が配合されていますが、界面活性剤+クレイなどが含まれています。

 

洗顔料も同じです。

 

洗顔料の場合には、石鹸素地が使われていることが多いですし、シャンプーの場合には、高級アルコール系やアミノ酸系などが多くなってきます。

 

クレイの特徴は毛穴よりも細かい微粒子などが特徴です。1粒1粒が非常に細かく、多孔質と呼ばれる穴が開いているのが特徴です。

 

穴が開いている事で、皮脂などを穴の中に吸着していきます。吸着して洗い流すという点では界面活性剤と同じような役割がありますが、少し違うところは水分も吸収しやすいので、洗顔料とかでは洗った後にツッパリ感などを実感する場合もあるかもしれません。

 

また泥の成分は、微粒子なので肉眼では確認できませんが、いびつな形状をしてある場合には、洗顔やシャンプーの際に力を入れすぎると皮膚が荒れやすくなるかもしれません。

 

クレイシャンプーの場合には、洗顔料と違い液体なので、クレイの配合量が多いとシャンプーが残り少なくなった際に沈殿してしまう事もあるので、使用方法は少し普通のシャンプーに比べると管理が面倒に感じる事もあるかもしれません。


毛穴ケア化粧水ランキング | 頭皮の毛穴ケアに最適なクレイシャンプーの特徴



▲頭皮の毛穴ケアに最適なクレイシャンプーの特徴 上へ戻る