ほうれい線をケアする化粧品の成分&エクササイズは?

MENU

ほうれい線をケアする化粧品の成分&エクササイズは?

ほうれい線は、ちょっと肌の状態が悪くなったから、寝不足だからということでできるものではありません。

 

確実な肌の老化の症状ですし、放っておいたらどんどん深いシワになってしまうので、気がついたらすぐにケアをする必要があります。

 

ほうれい線を引き起こす要因は、加齢はもちろん、肌の乾燥や紫外線のダメージなどが挙げられますが、根本的な原因となるのは肌のたるみです。

 

要は、肌にハリや弾力がなくなってしまって、それが口元の筋肉との段差となってしまっているので、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなど真皮層で肌の弾力を支える成分を増やさなくてはいけません。

 

コラーゲンなどの保湿成分は多くの化粧品に配合されていますが、こういった成分は外側から補給しても、ほとんど真皮層には到達しません。

 

角質層などで留まるので保湿効果を得ることはできますが、増加させることはできないのです。

 

真皮層の保湿成分を増やすには生成を促進するしかないので、まずはコラーゲンを生成するビタミンC誘導体が補給できる化粧品を使いましょう。

 

普通のビタミンCは浸透力が弱く、壊れやすいので効果が低いのですが、ビタミンC誘導体は浸透しやすく安定しているので、コラーゲンの生成を強力にサポートしてくれます。

 

ハリと弾力が出てくるので、ほうれい線が改善しやすい他にも肌のたるみ自体が解消され皮脂の分泌量も改善しやすい特徴があります。

 

また開き毛穴や毛穴のたるみも引き締まりやすく、お顔の肌全体に効果が出やすいです。

 

ビタミンC自体抗酸化作用があるので、老化防止に最適です。

 

ビタミンC誘導体の化粧品を使用したことがない方は、ほうれい線ケアにまずは化粧水から初めて見ると良いかもしれません。

 

抗酸化力が期待できるビタミンEが豊富な植物性オイルはエイジングケアを含めたほうれい線のケアにも効果的です。

 

その中でもオリーブオイルはオイル類の中でもランキングでも人気ですし、毛穴ケアにも良いので、良質なオリーブオイルを使用していくとよいでしょう。

ほうれい線をケアする表情筋エクササイズ

そして、もう一つ肌のハリを保つのに必要なのが、表情筋を鍛えるということです。

 

口元の筋肉をエクササイズで鍛えて強化すると、その周りの皮膚がしっかり引き締まるので、スキンケアに加えるとより効率よくほうれい線を解消できます。

 

いろいろな方法がある中で、一番手軽でどこでもできるのが、舌回しエクササイズです。

 

やり方はとても簡単で、口をギュッとすぼめたら、舌で頬をぐっと押してゆっくりと時計回りに回していきます。

 

特にほうれい線の部分は、より強く押し出すようにしましょう。

 

これを3回行ったら、次は反対回りで3回転させてください。

 

エクササイズには回数に制限はないので、気がついたらいつでもやるようにすると、ほうれい線の解消に高い効果を発揮してくれます。


毛穴ケア化粧水ランキング | ほうれい線をケアする化粧品の成分&エクササイズは?



▲ほうれい線をケアする化粧品の成分&エクササイズは? 上へ戻る