Tゾーンのテカリを抑える方法は?

MENU

Tゾーンのテカリを抑える方法は?

Tゾーンがテカってしまうのは、単純に言えば皮脂の分泌量が多いからです。

 

もともと顔は皮脂線が多い部位ですが、その中でもTゾーンは特にたくさんの皮脂線が集まるパーツになるため、分泌も他の部分より過剰になります。

 

ですから、あぶらとり紙などでしょっちゅう皮脂を取り除く、という方も少なくありませんし、皮脂を抑える成分が配合された化粧品でケアをしている方も多いでしょう。

 

それなのにテカリを抑えられないのは、スキンケア方法が間違っているからなのです。

 

皮脂はニキビなどを引き起こす厄介者、と言うイメージが強いですが、肌の保湿には絶対に欠かせません。

 

皮脂と汗が混ざり合って出来る皮脂膜は、天然の保湿クリームとも呼ばれていて、肌を外部の刺激から守り肌の水分が蒸発しないようにしてくれています。

 

そのため取りすぎたり、分泌を抑えてしまうと保湿クリームがなくなって乾燥肌になり、肌は水分を保つための防御機能を働かせます。

 

この防御機能の働きによって、皮脂はさらに分泌されるので、結果的にさらにテカってしまうようになるのです。

 

インナー層の保湿にはセラミドが欠かせないので、まずは保湿していくとよいでしょう。

Tゾーンのテカリを解消するには?

つまり、テカリを抑えるには、保湿をしっかりと行って水分をたっぷりと保持して、肌に分泌しなくても大丈夫という信号を送らなくてはいけません。

 

無理に分泌させないようにするのではなく、保湿をして分泌の必要性を感じなくさせることが、Tゾーンのテカリを抑えるスキンケアなのです。

 

スキンケアをするときには、テカリやベタつきがあるので、化粧水だけで済ませているという方も多いかもしれませんが、これだけでは十分な保湿はできません。

 

化粧水をしっかり浸透させるのはもちろん、美容液でしっかり美容成分を与えて、最後は乳液で蒸発を防いであげましょう。

 

一つ一つのケアを丁寧に行って、間に少し時間を置けば、べたべたすることもありません。

 

どうしても乳液のベタつきが気になる場合は、最後にティッシュで油分をオフしてください。

 

きちんとスキンケアをして保湿を心がけていれば、分泌量も減ってくるので自然にテカリも解消されます。


毛穴ケア化粧水ランキング | Tゾーンのテカリを抑える方法は?



▲Tゾーンのテカリを抑える方法は? 上へ戻る