保湿化粧品の選び方は?

MENU

保湿化粧品の選び方は?

お肌の健康状態を改善・維持するために欠かせないのは保湿です。

 

適度な潤いを保っていなければどんどん肌トラブルを誘発させます。

 

保湿化粧品の正しい選び方を確認して、健康的な肌質を維持しましょう。

 

保湿力の高さを判断するには、具体的にどんな成分が配合されているかを確認する必要があります。

 

例えば肌の保湿成分として知られているヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドが配合されていれば間違いなく保湿効果が高いと判断する方も多いものです。

 

確かにお肌の中で保湿に関わる成分を補給するために肌に塗ると良い効果をもたらすと考えられますが、実際にはあまり高い効果が期待できない場合が多いと言われています。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンは非常に分子量が大きいため、肌に塗っただけでは浸透せずに肌表面を潤わせているに過ぎません。

肌のターンオーバーを正常化する保湿化粧品

肌の中にしっかりと潤い成分を補給するには、分子量を小さくした低分子ヒアルロン酸や低分子コラーゲンが効果的だと言われています。

 

あえて低分子と高分子の両方を配合して肌の奥に保湿成分を浸透させるだけでなく、肌の表面で潤いを逃がさないようにする相乗効果が期待できる商品もあります。

 

セラミドは天然系の場合は浸透性が良い成分ですが、種類によってはほとんど意味がない場合もあるため注意が必要です。

 

保湿成分として配合される成分の役割をきちんと確認していれば、自分に合った保湿化粧品選びも決して難しくありません。

 

保湿力の高さを判断する基準は、保湿成分以外に配合されている成分にも注目しましょう。

 

中でも注目したいのは肌の再生力を促す成分です。

 

肌のターンオーバーが乱れがちになると潤いが保持できなくなり、どんどん潤いが逃げていきます。

 

一生懸命保湿成分を補給してもターンオーバーの周期が乱れたままでは、いつまでも良い結果が出ません。

 

ターンオーバーの正常化を目指すために活用できる成分の一例として、プラセンタやビタミンC誘導体、パンテノール等があります。

 

保湿との相乗効果で、良い結果を得られると期待できる保湿化粧品を選択しましょう。


毛穴ケア化粧水ランキング | 保湿化粧品の選び方は?



▲保湿化粧品の選び方は? 上へ戻る