肝斑の特徴とスキンケア方法は?

MENU

肝斑の特徴とスキンケア方法は?

年齢を重ねると様々な肌トラブルが増えてきますが、多くの女性を悩ませるのがシミです。

 

シミが増えたり、濃くなるほど年齢を感じさせる肌質になるため、できるだけ作らないように注意したいものです。

 

シミの中でも一度出来るとなかなか治りにくいと言われているのが肝斑(かんぱん)です。

 

30代以降に出来やすく、肝斑に適したケアを実践しなければ余計に悪化すると言われているため注意しましょう。

 

肝斑の特徴は頬骨に沿って左右対称の形で出来る場合が多い点です。

 

全ての方が同じような形状で現れるものではなく、頬骨に沿って筆でなぞったように広がったり、目尻の下あたりに少し広がったり、茶色っぽく地図状に広がったりと様々です。

 

数々の症例を見ている皮膚科の専門医でも肝斑と通常のシミを見分けるのが難しいため、素人では余計にわかりにくいものです。

 

皮膚科や美容外科でシミ治療を行う場合はレーザーを照射したり、ケミカルピーリングを行う場合が多いですが、肝斑には逆効果になるため十分注意しなくてはいけません。

肝斑のスキンケア方法と良い成分は?

肝斑に適したスキンケア方法で、まず取り組んで頂きたいのはホルモンバランスを整えることです。

 

シミができるメカニズムと若干異なり、ホルモンバランスが肝斑の症状を引き起こすと言われています。

 

妊娠や出産、過剰なストレスが影響し、バランスが変化しやすい30〜40代に多く見られるためです。

 

ホルモンバランスを正常に保てるように、規則正しい生活を心がけながらストレス解消をして下さい。

 

お肌のお手入れで注意したいのは紫外線の影響を避け、しっかりと保湿をしてバリア機能を保つことです。

 

肝斑も普通のシミと同様に紫外線の影響で悪化する可能性が高いです。

 

肝斑に有効とされているトラネキサム酸や、メラニン色素を還元する作用のあるハイドロキノンが配合された基礎化粧品を使ったスキンケアを実践すると良いと考えられます。

 

トラネキサム酸は皮膚科や美容外科の医療機関で内服薬として処方してもらうか、薬剤師のいるドラッグストアや薬局でOTC医薬品としても入手できます。


毛穴ケア化粧水ランキング | 肝斑の特徴とスキンケア方法は?



▲肝斑の特徴とスキンケア方法は? 上へ戻る