脂性肌の冬のスキンケア方法は?

MENU

脂性肌の冬のスキンケア方法は?

脂性肌の方は皮脂が多くて肌がベタつきやすいものですが、冬の正しいスキンケア方法を知らないため、肌質を悪化させる方がとても多いです。

 

間違ったスキンケアを続けていると肌トラブルが増え、年齢を感じさせるシワやくすみ等の悩みも増えてきます。

 

脂性肌に適した正しい冬のスキンケア方法で肌質を悪化させないようにして下さい。

 

常に皮脂が多いため脂性肌だと思い込み、保湿ケアを怠っている方がとても多いですが、実はこれが大きな間違いです。

 

肌の表面は皮脂が多くても、肌の奥では水分が足りなくてカラカラの状態の、隠れ乾燥肌の可能性が高いです。

 

冬は空気が乾燥し、室内も暖房の影響で乾燥しているため、どうしても肌内部の水分が失われやすくなります。

 

乾燥しているのに皮脂が多く分泌されているのは、何とかして肌のバリア機能を回復させようとする働きが作用しているからだと考えられます。

 

肌の奥では水分を欲しているのに、きちんと潤いを補給しなければ、更に皮脂が分泌される悪循環に陥ります。

 

脂性肌は保湿ケアが不要なのではなく、脂性肌に適した保湿ケアが必要になります。

脂性肌の冬の間の洗顔方法

脂性肌の方は洗顔の仕方にも注意が必要です。

 

洗浄力が強すぎない洗顔料をしっかり泡立てて使用するのが基本ですが、最後のすすぎに使うお湯の温度が高過ぎると、余計に皮脂を取り除く可能性が高くなります。

 

気温が低い冬はお湯の温度を高く設定している家庭が多いため、洗顔時にも高めの温度のまま使っている方が多いです。

 

洗顔の際には必ず温度設定を低くして、ぬるま湯ですすぐようにしてください。

 

また、洗顔後は速やかに化粧水をつけて潤いを補給し、あまりベタツキ感のない乳液や保湿クリームを使って潤いを閉じ込めましょう。

 

部分的に皮脂が多い箇所と乾燥している箇所が混在している混合肌の方は、乾燥肌に合わせたケアを実践して下さい。

 

基本的に保湿を行うのは共通していますが、皮脂が多い部分はこまめに脂分を取り、乾燥が強い部分は特に保湿を強化するケアがいいでしょう。


毛穴ケア化粧水ランキング | 脂性肌の冬のスキンケア方法は?



▲脂性肌の冬のスキンケア方法は? 上へ戻る