毛穴の汚れが落ちやすい洗顔方法は?

MENU

毛穴の汚れが落ちやすい洗顔方法は?

きめが粗いと毛穴の汚れを落とすことは出来ませんし、弾力がないと手のひらで皮膚をこすってしまって摩擦を与えてしまうので、泡作りは正しい洗顔をするにあたってとても重要なポイントになります。

 

泡をたっぷり作ったら、べたつきやすいTゾーンにのせて泡をクッション代わりにして優しく洗っていきましょう。

 

皮脂の分泌が少なく毛穴も少ない目元やフェイスライン、口元は泡を乗せるだけで十分に汚れが落ちるので、ほとんど洗う必要はありません。

 

洗い終わったら、35度ぐらいの人肌程度のぬるま湯で最低でも20回、洗顔をした時間の倍以上をかけてしっかりすすいでください。

 

この時も手のひらで顔をこすらないように、ぬるま湯を優しくまんべんなく顔にかけて洗顔料をすべて落としきることがポイントになります。

 

最後は、清潔なタオルで水分を抑えるように、ぽんぽんと優しく吸いっ取ったら、すぐに化粧水で保湿ケアをしましょう。

毛穴の汚れが取れたら化粧水でしっかり浸透させる

毛穴の汚れが洗顔によって綺麗に落ちている場合には、化粧水なども肌表面を漂うことなく、しっかり浸透しやすいです。

 

毛穴の開きやたるみが気になる方は引き締めやすくなっている状態です。

 

そんな時に毛穴ケア用の化粧水を使用することで引き締めやすくなり、肌の代謝も促進するので、肌のたるみも引き締めやすくなってきます。

 

肌のタイプによって若干の違いはありますが、これが基本の正しい洗顔方法になります。

 

洗顔料でも固形石鹸がきめの細かい泡が出来上がるので、毛穴の汚れなどを落とす場合には非常に効果的です。

 

しかし利便性を考えると洗顔フォームの方が使用しやすいでしょう。開き毛穴やたるみ毛穴が気になる場合には、固形石鹸でもキメの細かい泡ができるタイプのを使用することが大切です。

 

固形石鹸は種類が非常に豊富に、むしろありすぎるので、ランキングや比較サイトを参考に選んでみるのもよいでしょう。

 

W洗顔不要の洗顔料は使用しやすさがありますし、ランキングでも非常に人気です。時間がないときなどに使用する際など非常に便利です。ただ正しい方法で洗顔を行う際はやはり固形石鹸を使用したほうが良い場合もあるので、固形石鹸をできれば使用しましょう。

 

洗顔の後に毛穴パックも洗顔の方法しだいでは引き締め効果も変わってきます。

 

洗顔が正しく行えたら、正しい毛穴パックの方法をマスターし、しっかり引き締めていきましょう。


毛穴ケア化粧水ランキング | 毛穴の汚れが落ちやすい洗顔方法は?



▲毛穴の汚れが落ちやすい洗顔方法は? 上へ戻る